2016年10月20日

【後日加筆編集予定】今回の委託はこちらっ!黒井メラ様『ナイトメア・アポカリプス Vol.1』

情報が小出し小出し&出だし遅くて申し訳ありません・・・・・・

今回の外部委託は一作。

当園児の浅沼諒空・山原水鶏が大変お世話になっております黒井メラ様より・・・・

『ナイトメア・アポカリプス Vol.1』
222_20160924203619145.png

・・・・・・を!お預かりいたしましたー!!

 ◆価格:無料配布 ←ここテストに出まーす!
 ◆サイズ:アマレータイプ・トールケース入り(※リバーシブルジャケット仕様)
 ◆イラスト:来住 様
 ◆収録時間:本編 約120分/DVD一枚組
 ◆ジャンル&レーティング: BL&R15

BL×ゾンビ×クトゥルフ=血みどろ青春黙示録!

卓越した文章力に裏打ちされたボリューム、映画張りの圧倒的スケール、理性を根こそぎ破壊し瞬きすら許されぬ怒涛の展開がアナタを襲うッッッ!!!キ○ガイ?褒め言葉だそうですよ?(余所見)

現在Web上で先行公開中のシリーズ企画『ナイトメア・シティ インテグラル』(浅沼諒空がサージェントというおぢさん役で、山原水鶏がマツシマというツンデレ少年役で客演しております)の前日譚?的な立ち位置になるとの事で、そちらに関連している人物も登場しております。つまり両方同時に味わうと尚良し!まだM3まで間があるから今のうち聞いとき!

そしてそして、本作品は数量限定&イベント限定頒布、しかも特典付きで無料頒布という、大変レアなアイテムになっております。げっちゅするなら今!( σ {0}ё{0})σ

『ナイトメア・アポカリプス』企画サイト

Vol.1 商品概要

『ナイトメア・シティ インテグラル』企画サイト


そして!今回は黒井さんにトーク&あらすじ原稿をお寄せいただきました!
無理やりな!!(ヒドス

続きを読む
posted by 音声劇団ばなわに! at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 外部・提携企画情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

【随時加筆修正】今年の新作!「ばなわに大炎上・2016秋の陣」紹介ページ

忙殺されるがままに放置してたらランキングが相当下がってました(苦笑)

さて!9月のuna:chenter Vol.11終了以来ずっと地下に潜っておりましたが
ようやっと新作の情報解禁が出来そうです!今回はこちらっ!!



「ばなわに大炎上・2016秋の陣」
BNWN-00**(目下確認中)

ばなわに大炎上.jpg

イラストレーターはカーチャンLVアップに余念が無いkaiさんです。原点回帰!

2013年の春以来、都内の即売会を何がトお騒がせして回ってきた大○○シリーズですが
本作を持って一区切りとさせて頂く所存です。
まあぶっちゃけネタ切れです(切実真顔)




続きを読む
posted by 音声劇団ばなわに! at 20:00| Comment(0) | una:chenter Vol.11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

【開幕っ!!】「una:chenter Vol.11」@東京・江古田 兎亭

音声劇団ばなわに!presents
朗読公演「una:chenter Vol.11」

pDyR8zNgeCJyniF1467837721_1467837724.jpg

2011年初頭〜2012年冬にかけて、私、浅沼諒空が
地味に運営していた実験朗読公演を、
当時同様、沢山の方々の力をお借りして再開いたします。
ごくシンプルで繊細な心の機微を、言葉と声で紡ぐ短編オムニバスです。
ご来場の皆様全員に心づけもご用意致しました。
当日会場でお会いできるのを心待ちにしております。



≪会場≫
江古田 兎亭(西武池袋線・江古田駅より徒歩7分)

2012dai_03.jpg

≪日程・開始時刻≫
※開場は記載時間の30分前です。

9/9(金)・・・19:30〜
9/10(土)・・・12:30〜/16:00〜/19:30〜
9/11(日)・・・13:00〜/17:00〜


≪入場料≫
前売り・当日ともに¥2,500
※学生証提示で1,000円引き


≪入場者特典≫
ばなわに&遊玄堂の競作による新撰組オーディオドラマCD
「雨のおと」「重力の都・前編」の“トライアル版”を、ご来場の皆様全員に配布します。


≪ご予約用フォーム≫


続きを読む
ラベル:una:chenter
posted by 音声劇団ばなわに! at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | una:chenter Vol.11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

7月ラス稽古!( {0}ё{0})あー夏休みぃぃぃぃ(は無い)






最近、稽古場日誌の更新頻度がめっきり落ちております、ダメ園長です( つ}ё{T})

この日は昼から夜まで、割とみっちり。動きのチェックでした。

朗読劇なのに動き?とも思ったりしますが(実は自分もその一人なのですが)

朗読という表現ジャンルは「役者が演じている人物」と「人物を演じている役者」が同時に存在する稀有な空間なので、
出はけの動き、所作もまた「演出」としての大きなファクターなのでございます。
あとは単に不要な間を作らずテンポ良く進行させるため、というもありますね。



みっちり稽古出来たのは、最初の段階で本キャストが二人揃っていた「CHEAPTRICK CAFE's TALK」

最初から最後まで参加してくれた上条巧&小豆戒斗のご両名には、お昼から最後までかなり徹底的に読んで貰いました。こき使ってゴメン(苦笑)

夕方からはAKITOLET様からお借りした「青の髭の公爵」の所作チェック。
シナリオとキャスト勢の演技が醸し出す雰囲気を活かすため、足さばきと掃ける位置、待機位置までかなり細かい指示が出ました。

演出補佐をお願いしている結内狼さんとも、いかに綺麗にシンプルに仕上げられるかを打ち合わせ。完璧な形に持っていくには、もう少し時間が必要かもしれませんね……。



なお、当日は一世を風靡した男性ボイスコ・守矢光秀くんが陣中見舞いに!
前日に東京入りして小豆戒斗と遊んでたそうですw
お土産にカントリーマァムくれました!!ありがとうございましたー!!!





稽古場のすぐ近くの公園では夏祭りの準備中でした。くっそー吞みてぇぇ……。
いいんだー、これ上げてる日(8/7)までは結構吞んでましたから……。



ConTY2oUIAAXTib.jpg

何故かとっちまった、図書館の返却用ボックス。可愛い。


ConTguzVYAAjAaD.jpg
「あててんのよ」親亀の上に小亀を乗せて・・・・・(違)
続きを読む
ラベル:una:chenter
posted by 音声劇団ばなわに! at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | una:chenter Vol.11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

そろそろ中盤戦突入!( {0}ё{0})凸乳ぢゃねえぞっ!!

けーいこーけーいこー( {0}ё{0})まーだまーだーけーいーこー♪


この日は少女蘇生さんの第二回公演「明烏」を終えたばかりの小豆戒斗&上条巧のご両名が初合流!

当日はケッケの木下章嗣さんと共に、全出演者中最も印象的だった二人。
内容は全く異なりますが、大変力強い援軍です。

二人には、“クィーンオブザ表情筋”ことぺーちゃんこと戸來真由美さんを交えまして、
当イベントの定番演目「CHEAPTRICK CAFE's TALK」を。

そう、この三人が正キャストです!この作品では、会話劇ならではの妙味を前面に出していけたらなと。
これからペースを上げて、しかし確実に足場を固めて生きたい所存です。

Cn-0_inUAAA_xdv.jpg
心霊写真ではありません!



そして「青い髭の公爵」は、稽古後に登場人物の心理状態や背景について皆でディスカッション。

お互いが積極的に意見を出し合い(ボケも混ぜつつ)、自分達にしか出来ないイメージを現出していく。
早くもそれは翌日の稽古に反映されて来ましたね!

また衣装についてもかなりアイデアが出て来ました。演目ごとに、コンセプトに沿った特色を出せたらなと。
こちらは結内さんが形にしてくださいます(本職っ!)

しかし・・・・・・あれだ。活動休止前はよく全演目のプランニングこなしてたなワシ……今はもう無理ですばい(吐血)

今回は結内さんに一枠お任せして、更には制作業務の大半を肩代わりしてもらっちゃってるんですよ。

おまけに三本中ニ本は一度使った事のある演目なんですが……とほほ。

そして、何故かその夜は眠れず徹夜……orz
各演目の細かい動作や音響・照明プランをざっくりと台本に書き込む改編作業にいそしんでおりました。




なので翌日、土曜の稽古(本日で六回目)は半分死んでましたorz

狭めの和室なんで動きがつけられない。ちょっとでも動くとギシギシ鳴るんです(苦笑)


この日は全四演目を代役も交えて満偏無く練習させて頂きました。

自分のわがままで、途中で気になったら即止めては意見交換して再開し、という形式にさせて貰いました。

(一応)演出担当である自分とキャスト、聴いてくれてる他の仲間たちとで打開策を一緒に探しながら。
ダブルキャストや代役を入れる最大の利点である、気負わない冒険。他人の長所や特徴をどんどん吸収し、学ぶ姿勢。
(この日は小豆とぺーちゃんが、それを一番良い形で体現してくれてましたね)

個人的には、自分が「una:chenter」というイベントで求めているものにとても近い稽古に出来た気がします。
欲を言うならもっと人員的にも時間的にも余裕があった方が、キャストには優しかった筈ですが……。

あと原田直さんが最初から最後までノンストップでクライマックスでした酷使するにも程がありました(焼き土下座)

久し振りに会った直さん、なんか力の出し具合・抜け具合が絶妙になってました。

そんな彼が主演を張る、朗読劇としては初お披露目となる「青の髭の公爵」に乞うご期待!

CoDAVPiUEAEmJqM.jpg

ぺーちゃん画。か、かわいい……かな?(困惑)


ラベル:una:chenter
posted by 音声劇団ばなわに! at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | una:chenter Vol.11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする