2018年06月26日

『una:chenter Vol.15』演目紹介D「夏の残響」白石謙悟

最後?の演目紹介、すっかり遅くなってしまいました。申しわけありません。

D本目の演目は、白石謙悟が執筆された「夏の残響」


夕暮れ、通り雨。
寂れた商店の軒先で雨宿りをする女性、夏希。
想い出、残響。
微かに聞こえる祭囃子と花火の音。
父と母の手の温もり。
美しいあの景色は、花火のように瞬いた。


おお、まさにこの季節のための一本って感じ!昨年冬開催のVol.13でも「図書館員の憂鬱」にて大変お世話になりましたが、日常のワンシーンを切り取った掛け合いが得意な作家さんですね。

夏希と由美、二人の女性が雨宿りしている間にふと交わされた10分程度の会話。当然ながらそこには深く深く盛り込まれたものが有るのですが、無粋にならないようにしかしキチンと伝えられるように、繊細かつ生々しい仕上がり方に持っていけるよう四苦八苦しております。


夏希役は、ちょうど2年前の夏にムビリンゴで開催したVol.10に出演した緑風音さん。
(つまり定期公演を再開してから2年が経つってことですね……しみじみ)
ボイスコさんとか同人ボイドラ界隈の皆様方には、結内狼主催の「遊玄堂」で御馴染みかなと。ここ数年は歌手としての活動が中心でしたので、プレミア度も高い一日になるかと思います!次いつになるか分からないし!


その相手役として由美をお願いしたのは今回初参加の猫丸夕緋さん。ドラマCD等を製作している創作団体「弧ノ葉詩(コノハウタ)」(プロの声優さんを中心に起用してる!ガチ志向!)のサポートメンバーで、村尾祥平さんのご紹介により客演して頂く事になりました。

聴衆の面前でパフォーマンスを披露するのは数年振りとの事ですが、初見でも即座に適応出来る瞬発力は流石。今回の座組ではムードメーカー的な位置付けで稽古場を盛り上げてくださっています。色々な意味で。








音声劇団ばなわに!Presents リーディングライブ定期公演
「una:chenter Vol.15」@東高円寺カットウ
【上演日時】
2018年7月14日(土)一日三公演
12:30開演/16:00開演/19:30開演
※開場時間は開演30分前、上演時間は90分程度を予定
【入場料】
前売・当日共に2,000円
(未就学児・小中学生は500円、高校生は1000円)
【会場アクセス】
東京メトロ丸の内線「東高円寺」1番出口から、青梅街道を新宿方向に徒歩2分。
青梅街道沿い、1Fに居酒屋「温たいむ」があるビルの地下1Fにて営業中です。
posted by 音声劇団ばなわに! at 18:07| Comment(0) | 園児リレー日記、とかとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

『una:chenter Vol.15』演目紹介C「let's Flight…」モリサキタテワキ

今回の公演では、何とモリサキが作・演出にも初挑戦!

初回の稽古で演目候補として持ち込んだところ、まさかの採用に今も驚きが隠せておりません。このLet's Flightは、幼馴染の女子高生三人たちの物語。少々ギャル風味ながら友達思いの主人公比恵が、素直ながら少しずれた所のある親友の千歳から電話で妙な相談を受けた事をきっかけに展開して行くお話です。

彼女の話を聞いて行くうちに比恵はある種の違和感を覚え、それがもう一人の幼馴染である厳しくも優しいお嬢様、八千代の身の上にも関わる事であった為、相談してきた千歳を逆に問いただそうとしていきますが果たしてその帰結は…?


そして、物語を彩る3人の女子高生達を演じるのは、こちらの皆さん。

Flight_チーム写真掲載用.jpg

まずは写真中央、主人公の比恵(ひえ)役、芹澤けいさん。前回のuna:chenterでは見事なオールラウンダーぶりを発揮した彼女が、今回はこの真っ直ぐで感情豊かな主人公に全力投球!稽古序盤からとても熱く役に寄り添ってくれた彼女は台本に対しても率直な意見を沢山寄せてくれて、比恵と一緒に作品そのものも育ててくれた頼もしい存在。千歳と八千代、そして物語全体を引っ張る活躍ぶりが楽しみです。

続いて写真の左側、ヒロイン的な位置につける天然少女、千歳を演じるのは今回初参加の田中園子さん。本格的な稽古への合流は後半からでしたが、それを補って余りある適応力や吸収力の高さは、これまで経験されてきた映像や舞台のお芝居での経験にしっかり裏打ちされたものであろうと感じます。大人しくふんわりした雰囲気も千歳にとても似合っており、比恵との会話の中でどんどん見えてくる彼女の思いに是非注目していただきたいです。

最後に写真右側、二人の親友であるしっかり者のお嬢様、八千代を演じるAYAさん。登場するのは後半からですが、彼女の存在は物語上も、そして比恵、千歳の二人にとっても大きな意味を持っています。厳しくも優しい彼女は言葉遣いこそ丁寧でありながら、比恵から「やっち」とも呼ばれ親しまれる存在。この繊細な役どころを、細やかに、大切に表現して下さるAYAさんの演技は必見です。


女子高生達が彩る一見華やかなムードの裏側に流れる切なさと、登場する三人それぞれが大切にする友情の形に、是非注目していただければと思います。また、元は声劇やボイスドラマに向けた台本でもあった為、要所要所で効果音等や本来入れていた台詞の間などを活かしながら、伝わりやすい演出をして行きたいと思っています。ステージ作品では初の作・演出に緊張が高まっておりますが精一杯頑張ります!


【キャストコメント AYAさん】
ばなわに園児のモリサキさん作、JK達の青春ハートフルストーリーです☆(※語弊があります)

幼なじみっていいですよね。自分は転校が多かったせいかひとケタ年齢の頃から付き合いのある友達というのがいないので、このお話の中に出てくるJK達の友情はあこがれるものがあります。全体的にホラーな本公演ですが、この話は他よりもほんの少しだけさわやかテイスティな後味になっています。逆に言うとここでホッとしていただかないと以降のみなさんのメンタルが心配です…(笑)

どうぞお楽しみに!

【キャストコメント 芹澤さん】
皆さまこんにちは!
芹澤けいです(❁´ω`❁)

今回、私が出演します『Let's Flight』は、少し不思議で少し怖い、でも最後は温かい、そんなお話です(笑)
演じさせて頂きました『ひえちゃん』は、ちょいワルだけど面倒見が良くて、強気だけど弱い部分もある。
そんな女の子です。
ひえちゃん達と似たような体験をする方は、なかなかないと思いますが(笑)

ひえちゃん達のように、友人に立ち向かわなきゃいけない、真っ向から向き合わなきゃいけない、そんな瞬間に出会う方は多いでしょう。
まっすぐに、親友に向き合っていく彼女達の、ほんの一瞬の物語。
どうぞお楽しみ下さいませ(*・ω・)*_ _)ペコリ


芹澤けい

【キャストコメント 田中さん】
皆様はじめまして、田中園子です。
田中園子と書いてたなかえんこと読みます(*^^*)

今回初めて朗読劇に参加することになりました!

『Let's Flight...』という作品は
初めて読んだときから
仲良し女子高生の印象が強く
友達のあり方について考えさせられるような、そんな作品です。

私が演じる島松千歳は、自分に正直な子で友達大好きな女の子です。
友達のひえちゃんとやちよちゃんとは一心同体だと思っている気がします(*´ω`*)

このお話、悲しいと思うか幸せだと思うか、それとも楽しいと思うかは
人によって違ってきそうだと予想してます!o(^o^)o

どうぞお楽しみにっ!!☆


※7/8:キャストさん達の写真を掲載し、更新完了となりました。キャストの皆さんの衣装に是非ご注目…!記事完成まで大変お時間を頂きましたが、改めてどうぞ宜しくお願いいたします。(モリサキ)




音声劇団ばなわに!Presents リーディングライブ定期公演
「una:chenter Vol.15」@東高円寺カットウ

【上演日時】
2018年7月14日(土)一日三公演
12:30開演/16:00開演/19:30開演
※開場時間は開演30分前、上演時間は90分程度を予定

【入場料】
前売・当日共に2,000円
(未就学児・小中学生は500円、高校生は1000円)

【会場アクセス】
東京メトロ丸の内線「東高円寺」1番出口から、青梅街道を新宿方向に徒歩2分。
青梅街道沿い、1Fに居酒屋「温たいむ」があるビルの地下1Fにて営業中です。

posted by 音声劇団ばなわに! at 10:25| Comment(0) | una:chenter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

『una:chenter Vol.15』演目紹介B「お見舞い保険」田丸雅智

少し肌寒い夜が続いていますね。体調管理が難しいところですがいかがお過ごしでしょうか?

三回目の今回、ご紹介する演目は「お見舞い保険」。

前回のVol.14で大変好評だった「ペーパーノイズ」に引き続き、ショートショートの名手・田丸雅智先生の作品を是非に!とお借りして参りました。

病気療養のため入院する事になった「私」は、一人の老人と同室になります。その老人には毎日ひっきりなしにお見舞い客が訪れるのですが彼にはある秘密がありました。それは……?怪談とは少し違いますが、僅かなもの寂しさと暖かな余韻を残した「ペーパーノイズ」とは、また違った印象かと思います。もしかしたら身に詰まされる方もいらっしゃるかも知れませんね。

※なお、こちらの作品も「五七五の小説工房」さんから閲覧可能です。是非ご覧ください。


今回、作品のキモ中のキモである読み手にチャレンジするのは当ばなわに園児のモリサキタテワキ!本人たっての希望もありモチベーションが燃え盛っております。もし本番でしくじったら髪の毛をむしります(真顔)

また「私」は地の文とカギカッコで括られた会話文の両方があるのですが、会話パートは前回の「地の底に落ちて」にも出演して頂く平峰裕太さんに続投して頂きます。イケメンは沢山お披露目せにゃな!観に来てな!( ≦゚≧ё≦゚≧)ゥェァハハハ

老人役は僭越ながらこの私、浅沼諒空めがあい務めさせて頂きます。田丸先生の作品をステージ上で読める絶好のチャンスという事でわくわくしております。そうです、職権濫用です(苦笑)

またゲストとして「地の底に落ちて」より続投の清家忍さんと、期待の 猫丸夕緋さんにご協力お願いしました(詳細は次回の演目紹介に期待してね!!)
S__14958609.jpg
……緩い。

【モリサキタテワキ キャストコメント】
モリサキはその主人公の心情や視点を伝える「語り手」役を務めます。前回までは人物そのものを演じる事が殆どだっただけに、それとはがらりと異なるこの役割をどう務めあげて行くか、じっくり本番まで練り上げたいと思います。第一印象は暖かなやり取りながら、最後まで聴いて行くと少しぞっとするであろう「お見舞い保険」、この作品ならではの魅力を伝えられますよう精一杯頑張ります!

【猫丸夕緋 キャストコメント】
金額にもよりますが、ぜひ加入を検討したい保険です。長期入院する方にはオススメですよ。詳しくは劇中にて、たくさんのご来場お待ちしております。

【清家忍 キャストコメント】
個人のプライベートな時間の確保が重要視される時代。自分が病気や怪我で入院した時に、わざわざ時間を割いて会いに来てくれる友人、知人が果たしてどれだけいるでしょう?人徳は今のうちに積んでおきたいですね。




音声劇団ばなわに!Presents リーディングライブ定期公演
「una:chenter Vol.15」@東高円寺カットウ

【上演日時】
2018年7月14日(土)一日三公演
12:30開演/16:00開演/19:30開演
※開場時間は開演30分前、上演時間は90分程度を予定

【入場料】
前売・当日共に2,000円
(未就学児・小中学生は500円、高校生は1000円)

【会場アクセス】
東京メトロ丸の内線「東高円寺」1番出口から、青梅街道を新宿方向に徒歩2分。
青梅街道沿い、1Fに居酒屋「温たいむ」があるビルの地下1Fにて営業中です。



[モリサキタテワキ扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/unachenter15?m=0iidfjh




[清家忍扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/unachenter15?m=0iidgeb

posted by 音声劇団ばなわに! at 00:00| Comment(0) | una:chenter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

『una:chenter Vol.15』演目紹介A「地の底に落ちて」マガサシロウ

先日は台風の影響か、週明け早々凄い雨でしたね。公演で皆様とお逢いできる頃には梅雨明けしてると良いのですが……。

さて、恒例の演目紹介シリーズ。第二回です!

本作は、客演陣の一人である清家忍さんからの希望による持ち込み演目です。自ら作った奇怪なマスクを装着して舞台に上がる“仮面怪朗読者”マガサシロウさんのペンによる短編でして、清家さんと共演した際に書き下ろされたとの事です。我々には慣れ親しんだカットウの空間でどう生まれ変わるのか?今回は演技プランも割とお任せしておりまして、果たして何が飛び出してくるのか新鮮な気持ちで期待しているところで。
※過去にも上演しているとのことですが、もしかしたら後でその時の動画を貼るかも。貼らないかもw

何処とも知れぬ地の底に落ちた一人の男。そこで遭遇したのは……そして天より墜ちてくるものの正体は……タイトルやキャストコメントで既に匂わせておりますが、かなりダークな質感の作品ですね。今回の演目の中でもだいぶ短い方なのですがその凝縮された時間の中で皆さんは何を感じることでしょうか……?

春のVol.14を観覧してくださり、カットウの雰囲気に惚れ込んで出演を希望してきた清家忍さん。相当数の朗読公演に参戦し、自ら「朗読鬼」を称する程の個性溢れるスタイルを確立しています。ご自分でも脚本を執筆しているので全体的な視野も備えており、実に頼もしいキャストの一人です。
9392.jpg
その清家さんの相方を務めるのは平峰裕太さん(画像奥)。鴨ちゃんこと芹澤けい女史に紹介して頂いたのですが、以前は大手事務所で腕を磨き、現在はフリーランスとして活動中。初顔合わせは季節外れのインフルエンザを罹患してしまい欠席と相成りましたが(苦笑)爽やかさと色気を併せ持つ声質と初手からイメージを寄せていくセンス、何より初対面の共演者とも積極的にコンタクトを取り瞬く間に座組みに溶け込む人柄の良さ!そして舞台映えするルックス!やべぇざっと書いてると欠点が無ぇなwww



【清家忍 キャストコメント】
人が見る夢には潜在意識が関係しているといいますが、夢を通して自分の隠れた本性を知ることがあります。劇中の男にはどんな『魔』が潜んでいるのでしょうか?皆様の中に潜む『魔』が目を醒まさないことを祈ります(笑)

【平峰裕太 キャストコメント】
平峰裕太です!
実は私、初リーディングライヴということもあり緊張しております。しかし、地の底の相方である忍さんと共に良いものを見せたい!と思っております!他の作品も見応えバッチリというか、怖いし楽しいです!(?)オムニバスの醍醐味、是非たのしんでいってください!



音声劇団ばなわに!Presents リーディングライブ定期公演
「una:chenter Vol.15」@東高円寺カットウ

【上演日時】
2018年7月14日(土)一日三公演
12:30開演/16:00開演/19:30開演
※開場時間は開演30分前、上演時間は90分程度を予定

【入場料】
前売・当日共に2,000円
(未就学児・小中学生は500円、高校生は1000円)
【会場アクセス】
東京メトロ丸の内線「東高円寺」1番出口から、青梅街道を新宿方向に徒歩2分。
青梅街道沿い、1Fに居酒屋「温たいむ」があるビルの地下1Fにて営業中です。


posted by 音声劇団ばなわに! at 05:27| Comment(0) | una:chenter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

『una:chenter Vol.15』演目紹介@「計り知れざる輪廻の果てに明日を歩む者」byこたろー

漸く二回目の稽古を終えました『una:chenter Vol.15』ですが、現在は各演目の配役を決定し演技プランの練りこみに入っております。



公演にお越し頂く皆様や現在検討してくださっている皆様へ向けて、今回も各演目と出演者の紹介ページを今回も設けさせて頂きたいと思います。

まず一発目はこちら!


ご自身も読み手であるこたろーさんからご依頼いただいてねとらじで公開された、クトゥルフモチーフの短編になります(それでも30分弱ですが)。愛する女性を失った男が旧支配者の力を借りて、己の運命を変えるべく足掻き続ける悲しき物語。私の出演履歴の中でも人気というか評判が良く、また私自身もとても気に入っている作品です。

元々今回の公演では「夏だし怪談!怖い話読もう!」というのがコンセプトにありまして、公演の主軸にする作品として真っ先にピックアップした次第です。実は5年前の夏にも一度朗読劇として上演させて頂いておりますが、その時は殆ど稽古らしい稽古をしていなかったので、今回は満を持して!みたいな気持ちでおりますね。

主役というべき男性役には、これまた速攻で客演オファーをかけさせて頂きました村尾祥平さん。企画集団あいてむぼっくすの看板役者であり、数々の大型企画で重要な役どころを担当しておられる界隈屈指の技巧派声優さんです。当ばなわにでは「Ancient sevenS」でキャンディマンという超難キャラを好演&怪演してくださっています。(来年春リリース予定の新作では大活躍しますよ!敵だけど!!)
Cx86GU0VQAEmhFJ.jpg

そして女性役には当園児のAYA。5年前の上演時にも同じ役を担当しております。つまり今回はナナ vs キャンディマンって訳ですよ、ばなわに的視点で見ますと!(笑)
並んで立ってもらうと、結構体格差がありますね( {0}ё{0}) 両者ともに相当の文章量&長台詞のオンパレード、しかもクトゥルフもの特有の難解な言い回しが飛び交いまくりということで負担も大きいかと思いますが……皆さんの応援があればきっと乗り越えられると思います!なので是非観に来て下さいね♪

9394.jpg
ご覧ください!この気合の入りっぷりを!!ネタが古いとかは禁句だっ!!



【AYA キャストコメント】
いつもお世話になっております。あるときはキャストとして、あるときはスタッフとして、なんだかんだでいつも会場にいるAYAです。

この演目、実は五年前にも同じ役でやらせていただいているのですが、当時はとにかく必死だったせいか、あまり覚えていません…(汗)

あれから五年たった自分が今回はどこまでできるのか、私自身も緊張やプレッシャーをたくさん感じつつもとても楽しみに思いながら稽古に励んでいます。

なにせ難解な演目ですので…じっくりと聞き入り、味わっていただけるようがんばります!!



音声劇団ばなわに!Presents リーディングライブ定期公演
「una:chenter Vol.15」@東高円寺カットウ

【上演日時】
2018年7月14日(土)一日三公演
12:30開演/16:00開演/19:30開演
※開場時間は開演30分前、上演時間は90分程度を予定

【入場料】
前売・当日共に2,000円
(未就学児・小中学生は500円、高校生は1000円)

【会場アクセス】
東京メトロ丸の内線「東高円寺」1番出口から、青梅街道を新宿方向に徒歩2分。
青梅街道沿い、1Fに居酒屋「温たいむ」があるビルの地下1Fにて営業中です。




posted by 音声劇団ばなわに! at 21:11| Comment(0) | una:chenter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする