2018年03月13日

「una:chenter Vol.14」演目紹介A「ペーパーノイズ」

ショートショート作家として高い評価を得て活躍中の田丸雅智さんの「ペーパーノイズ」を紹介します。

こちらは、俳人の堀本裕樹さんが一般公募の中から選抜した俳句を題材にして、田丸先生が執筆したと作品の一つでして、こちらのホームページから全文を閲覧可能です。

「五七五の小説工房」

原田達也さんが主催している「お気軽に。」リーディングライブで初めて拝聴し、その内容に惚れ込んでしまったんですね。そして誤解を恐れずに言えば「俺ならこうする!こんな感じであーしてこーして……」という衝動がムクムクと湧いてくるのを抑えられなくなりまして(苦笑)今回田丸先生にお願いして上演許可を頂いてきた次第なんであります。本当はこんなに早く踏み切るとは自分でも思っていませんでした、元になった俳句は秋のネタだし(苦笑)

ラジオから流れてくる、台本をめくる時の音……そこから思い切り想像力の翼が開かれて生まれたのは、不思議な方法でリスナーの悩みを解決する(らしい)不思議なDJと、その番組に偶然辿り着いた青年のお話。本公演のテーマである「意思と魂の奇跡」を決定付けてくれた短編です。

DYFeUnuVwAAwh_C.jpg

DJ役には、私を再び演じる世界へと導いてくださった橋本美佳さん。名だたる経歴を持つ日本屈指の女流朗読家です。現在はオフィスチャープさんに在籍してナレーターとしても活躍されており、またuna:chenterの過去シリーズにも二度客演してくださってます。

その相方を務めるのがmercyことまーしー。una:chenterシリーズには何度出てるか私も忘れてしまいました(笑)今回は本当にけれんみの無いストレートな朗読形式ですので、今まで培ってきたものの集大成を見せてもらおうと思います。……不甲斐無いところ見せたらバックステージで私がシバきますw



【キャストコメント】
「主催の浅沼諒空さんとは2010年「二人朗読劇〜古書の町〜」で共演させて頂いたご縁が続いていて、「una:chenter 」に出演させて頂くのも今回3回目。。田丸雅智さんの素敵な作品に出会う事が出来ました。大切に大切に読ませていただきたいと思います。不思議な番組パーソナリティーに扮する私を、是非見にいらして下さい!」(橋本美佳)

「今回私は、出演者でありながら観ている方と同じ目線で話を展開する役割を担っています。ショートショート作家の田丸雅智さんの描く、日常に紛れ込んだ少し不思議な出来事。私の演じる青年を通して、その世界に入り込むきっかけとなれば嬉しいです。当日は是非、私と一緒に不思議な世界を体験しましょう!」(mercy)


[橋本美佳扱い 予約フォーム]

ブログ「kotodama」
音楽家・順いずみさんとのユニット「IZUMIKA」ホームページ

[mercy扱い 予約フォーム]
MQubeページ


音声劇団ばなわに!presents リーディングライブ
「una:chenter Vol.14」@東高円寺カットウ

【上演日時】
2018年3月31日(土)一日三公演
 12:00開場、12:30開演 
 15:30開場、16:00開演 
 19:00開場、19:30開演 
(上演時間は合間に5分程度の休憩を挟んで90分前後を予定)
(19:30の回は一部配役を入れ替えたエクストラステージです)
(ご予約限定入場となり、当日飛び込みのご入場は承りかねます。ご了承ください)


【入場料】
前売・当日共に2,000円
(ご来場のお客様にドリンクサービスをご提供致します)
(未就学児・小中学生は500円、高校生は1000円)


【会場アクセス】
東京メトロ丸の内線「東高円寺」1番出口から、青梅街道を新宿方向に徒歩2分。
青梅街道沿い、1Fに居酒屋「温たいむ」があるビルの地下1Fにて営業中です。
600_map_kaztou.gif
posted by 音声劇団ばなわに! at 00:13| Comment(0) | una:chenter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。